三十路DINKS妻のQOL向上計画

30代のほうが20代より楽しいってほんと?を検証する

ほくろ除去⑥:再発編(2017/6/30追記)

その⑤はこち


先日、はてなブログトップのブログタイムマシーン(2016年)からこちらの記事に飛びまして

紹介されていたスマホ用レンズ3種というのをなんとなく買ってみました。

本当は望遠レンズが欲しかったのですが、安かったし、完全にノリで買いました。
中身は魚眼レンズと広角レンズ、そしてマクロレンズ
このマクロレンズ、要は対象物にかぎりなく近づいた時に初めてピントが合うんですね。

そこで思いついた。
先日挫折した「再発しているほくろ」を撮ってみよう。
というわけで撮ってみました。
上手く撮れましたが、見ていて全く気持ちの良いものではありませんので、物好きな方だけ「続きを読む」からどうぞ。
だいたい三十路を超えた女の素肌のどアップですから美しいわけがありません。
普通に鏡で見ていたらまず気付かないような細かい産毛までバッチリフレームインしておりました。
夫に見せたら「キモっ」「グロ」と申しておりました。井上くんはあとで体育館裏に来なさい。
それでは続きからどうぞ。

 

 

左頬

f:id:maykkzk:20170614005118j:image

真ん中の焦げ茶色が再発したほくろです。
その周りの少しピンク色のところがもともとレーザーで焼いて現在皮膚再生中の箇所です。
この通り、真ん中から焦げ茶が湧いて出てくるのが分かります。
その①にビフォアの画像があるのですが、元は割と面積の広めなほくろでした。 

 

右鼻脇

f:id:maykkzk:20170614005122j:image

こちらは周りの皮膚が盛り上がっているのが何となくお分かりいただけると思います。
たぶんこの盛り上がり込みでほくろなのでしょう。
茶色くなっていないところは「色のないほくろ」ということかと思います。

そんなわけで、また再発した箇所にレーザーを当てていただいてまいりました。
再発は実はもう1箇所あり、更には自分では気付いていなかったのですがご新規さんが1つあったようで、計4つ取っていただきました。
傷跡にはリンデロンを塗り、キズパワーパッドをとエアウォールを上から貼っています。
これらを済ませてからメイクをします。
実は昼休みの1時間の枠の中で職場から病院への往復と処置と傷跡のケアとメイク直しとお会計やら何やらとを済ませているのでエアウォールの貼り方がだいぶ雑です。。。

f:id:maykkzk:20170614225507j:imagef:id:maykkzk:20170614215121j:image

顔の左側には1つ、右側には3つ傷跡がありますね。
顎のラインに近いあたりはもはや気付かれないレベルだと思います。

ところが、処置していただいたあと、傷跡のケアとメイク直しをしている時に、顎にもうひとつ再発のような怪しいものを発見してしまいました(シミなのか再発なのかが素人目には分かり辛いですが…)。
自分でも気付かず、先生も気付かなかった、なかなかに雲隠れスキルの高い子です。
気付いた時には先生はもう帰られた後だったので、再度予約を取ってから病院を後にしました。

→2017/6/30追記:

予約してあったので再度再発を取ってきました。
この場所が再発したのは初めてかもしれません。
皮膚が少し盛り上がってきていて、真ん中が茶色くなってきている
と思っていたのですが、先生に診ていただいたら「盛り上がりと色は別事象みたいね」とおっしゃっていて、「両方取るね」と予想より広範囲を削られましたw

f:id:maykkzk:20170628221700j:image

広範囲にリンデロンを塗り、1/4にカットしたキズパワーパッドとエアウォールを貼ってからパーソナルトレーニングでしこたま汗をかいたら、いつのまにか半分くらい剥がれてしまっていたようで夜お風呂の時にようやく気付きました…傷口が乾いてしまっていたらどうしようかと焦って清拭用コットンでこれでもかとガシガシぬぐってしまいました。
貼り換える時はさすがに1/2サイズのキズパワーパッドにしてみましたが、今の時期は蒸れて痒くてつらかったです。
リンデロンを卒業すれば1/4サイズでも大丈夫でした。

:追記ここまで

そういえば、コンシーラーをセルニュー(ドクターズコスメ)と資生堂のどちらが良いか先生にお聞きしたのですが、ハイドロキノンが入っていることが大事だからセルニューにするように指示がありました。
もうワントーン明るい色を出してくれればセルニューでも不満はないのだけれども…この色の合わなさが結構ストレスです。

続くのかな?