三十路DINKS妻のQOL向上計画

30代のほうが20代より楽しいってほんと?を検証する

Mrs Japan International 2019 / ミセスインターナショナル2019

散々ブログを放置しておいて今更なのですが(イセタンミラーの記事の書きかけを1ヶ月以上放置している…)

最近、ここ20年間で一番くらいの忙しさです。

実は、ミセスインターナショナルというミセスコンテストの日本大会ファイナリストに選んでいただき、今月18日に大会本番を控えております。

www.mrsjapaninternational.com


そこで、このブログを見てくださった皆様にお願いがございます!
Web投票というものがあり、ぜひ”柿崎万葉”に投票をいただけませんでしょうか。

★How to★
Google Formによる投票なので、まずはブラウザでGoogleアカウントにログイン

②「ミセス投票」のページに飛び、上から6番目の「柿崎万葉」のラジオボタンをポチする

③ページ最下部に「投票」ボタンがあるため、クリックして完了

f:id:maykkzk:20190406003749j:image


今までの人生でコンテストに出たことなんてもちろん一度もなく(そもそも若い頃は人前に立ったり目立つことが本当に嫌いだった)、ファイナリストの何たるかをよく知りもしないまま応募した結果あれよあれよという間にファイナリストに選んでいただいてしまったため、社畜をしながらのコンテスト準備は思っていた以上に大変で、常に睡眠不足だし肉体的にも精神的にも結構ハードで、今も全身に謎の湿疹が出来ています…

それでも、ファイナリストに選んでいただき、本当にたくさんの方から応援やサポートをしていただいている中、大会の舞台に立たせていただくからには恥じることのないパフォーマンスをしたいし、後悔しないだけの努力をしたいと思っています。

 

コンテストでタイトルを獲ったらしたいことは何かということを常に問われるわけですが、

わたしはこんなこととか

maykkzk.hatenablog.jp

 

こんなこととか、

https://www.instagram.com/p/Bv33r4wH2wd/

を、今まで以上にもっと発信していきたいなぁと昔から漠然と考えていて、今回こうやってコンテストに出ることをその手段やきっかけのひとつとしたいと考えています。

というのが所信表明ですかね。

でもどちらかというと、せっかく一度きりしかない人生なんだから色々チャレンジしてみたいという気持ちが一番強いです。
ずっと大人の顔色を伺いながら生きてきたけれど、ようやくそんな自分を卒業できそうなので、もっと自分に自信を持って、自分を好きになりたい。
「生きた痕跡を残す」というのもそうなんだけど、それと同時に、自分を好きになる訓練の一環として、読モをやってみたりコンテストに出てみたりするんだなぁと最近考えています。

 

コンテストといえば真っ先に思い浮かぶのはミス・ユニバースなどのミスコンだと思います。
ミスコンはいくつかあれどどれも認知度が結構高いと思うのですが、ミセスのコンテストは日本ではまだまだ知名度が低いです。
それでもいくつかあるミセスコンテストの中でも、ミセスインターナショナルは日本大会で優勝すると夏に世界大会への出場権が得られるという、かなり本格的な大会です。
日本大会でも世界大会と同じような審査をするし、世界大会と同じような素養を日本大会のコンテスタントも求められます。
でもそうやって、何歳になっても結婚しても子供がいても、女性が新しいことに挑戦して世の中で輝き続けて世界に出ていくためにコンテストがある、というのは、結構良いものだと今回思いました。
まぁ湿疹は一刻も早く治って欲しいんだけどw

 

ミセスインターナショナルの知名度向上や、大会規模の拡大など、初代日本代表でナショナルディレクターの伊藤桜子さんをはじめ事務局の皆様はどれだけのご苦労をなさっていることかと、知れば知るほど思います。

日本の世の中ではまだまだ若くて未婚(で彼氏なし)の女の子が持て囃される風潮もあるけれど、事務局の皆様にはそんな風潮を吹き飛ばして世の中を変えていただければと本気で思いますし、わたしもファイナリストとしてその一助となっていけたらと思っています。

 

わたしは婚約中にフランスに長期出張に行っていて(女子相手にも容赦ない弊社=男女平等)、その時にパリの地下鉄で向かいの席に座っていた白髪のおばあちゃまが真っ赤なピンヒールを履いていらしたことに当時27歳だったわたしはいたく感動しました。
いくつになっても女性であることを忘れず、おしゃれをする。この気持ちは忘れたくないと思っています。

 

結局何が言いたいかというと、柿崎万葉に一票入れてくださいお願いします!