三十路DINKS妻のQOL向上計画

30代のほうが20代より楽しいってほんと?を検証する

斜頸もどきをボトックスで撃退する(保険適用!)

斜頸”もどき”だけど、つらいものはつらい

こんなタイトルにしておいて何ですが、わたしは厳密に言えば斜頸というわけではありません。

むかし開胸手術をして、それを閉じた時に、どうも左右で閉じ方が若干ずれたようなのですね。
なんだか左右で鎖骨の出方が違うね、と術後に親と話した記憶があります。
そしてそのズレが20年弱の年月を経て首筋の筋肉、ひいてはそこを伝って顎の骨のバランスにまで影響を及ぼしている、ように思えるようになりました。

右だけ首筋が異様に張っていて、それにつられて顎が下に引っ張られるので、口角が下がりがちなのです。顎関節症気味でもある。右だけ。

歳を食っていよいよ性格の悪さが顔に出てきたかと思ったりもしたのですが、色々と考えたり色々な人と話したり色々と試行錯誤していくにつれ、どうもこの鎖骨周りが原因じゃないかという話になりました。
でも開胸手術をしている人がまずレアだし、ずれてくっついちゃった場合の対処法なんてGoogle先生に聞いても書いてありません。
そんな感じで少しずつ悩みが増していく中で、笑っているつもりでも右の口角だけ下がっていて写真で見るとすごく微妙な顔をしていたり、年齢不詳のお姉様から首筋の皺を薄くするトレーニングを教わって実践しても翌日には右の首筋だけ痛めたり、相変わらず右半分だけ残念な状態が続いていました。

ボトックスはしわ取りのためだけのものではない

首筋をマッサージでほぐしたり(でも張っているからマッサージすると痛い)、顎のずれを物理的に戻したり、対症療法で凌ぐしかないのかと絶望しかけていた矢先、通っている小顔矯正の先生が、他のクライアントであるところの女医さんに相談してくださったということで、提案がありました。
「ボトックス打ってみたらどうですか」

 

へ、ボトックスってしわ取りのあれ?
プチ整形で使うやつ?

たしかに一度ずれてくっついた鎖骨を元に戻すのは大変です。
一度開胸し直さないといけないし、命に別状もない状態でそんなこと(社会的にも身体的にもオペの予約的にも)許されません。
でもせめて張った首筋さえ弛緩させることができたら…?
少なくとも首筋が痛くなったり、顎が下に引っ張られて口角が下がることを止めることが出来るのではないか。鎖骨の左右差はこの際置いておいて。

とりあえず、ほくろを取る時にもお世話になった第二の親的先生にこれまた相談します。
「打ってみたらいいんじゃない?うちの病院の◯◯先生が名医だから予約しようか」

めっちゃ話が早く片付きました。

後から知ったのですが、ボトックスは美容だけでなく、斜頸の治療にも使われるそうです。
この場合は神経内科の治療なので、保険適用になります。しわ取り等の美容目的だと自由診療となって全額自費ですね。
わたしは厳密には斜頸ではないけれど、症状的には斜頸に近いので、分類的には一応斜頸ということになります(自分で書いていてよく分からなくなってきた)。

早速ボトックスを打ってみた

取っていただいた予約の日、名医という先生に今までの経緯をお話しすると
「えぇ…そんな症例今まで聞いたことないけど」
とすごく疑わしそうに言われましたが、ここで引き下がるとわたしの余生は右だけ口角下がりまくり人相激悪ババアになることが決定してしまうので、色々言って食い下がります。
「いやでも右だけほんと首が張るんです!」とか「頭が右に傾くんです!」とか。嘘ではないので問題ありません。
「とりあえず筋電図取ってみようか」
と先生に言われたので取りましたが、心電図みたいなのを想像していたらえらく違いました
心電図というものは両手首足首を洗濯バサミで挟みつつポチポチを胸に付けて心臓の動きによって生じる微弱な電流を読み取るものだと理解しています。
筋電図も微弱な電流を読み取るというところは心電図と同じですが、読み取り方が、
針を対象の筋肉に刺して直接電流を取ってくる
という超絶アイタタなものでした…

痛い思いをした甲斐あって、普通では有り得ないような波形がめでたく観測されたようでした(このあたり何が正常で何が異常なのか素人目には分からず)
ということで、晴れて斜頸という扱いでボトックスを打っていただけることに!
波形が異常と分かったら、名医先生も疑念から前向きにモードが変わるというものです。

よく分かっていないのですが、ボトックス50単位とやらを生理食塩水に溶解して数カ所に分けて打っていくようでした(1単位=???)
異常な波形が取れた広頚筋は前中後と3つに分かれているそうなので、それぞれに打っていただきました。

 

f:id:maykkzk:20170619145522j:image

うーん、痛そう…
筋電図を取るためにあちこちに針を刺して、更にボトックスを打つために再度針を刺しているので、内出血がえらいことになっています。

保険適用とはいえ、3割負担でお値段は15,000円。
ばかになりません。
全額自費で美容のためにボトックスを打っている人はいったいどれくらいお金を使っているんだろうと気が遠くなりました。

だいたい効果が出るのは1~2週間後から、2~3ヶ月後までのあいだ。
3ヶ月後に再度ボトックスを打っていただくよう予約を取って帰ります。
(本当は1ヶ月経った時点で効果測定の診察があるようですが、わたしは2回目のボトックスから効果測定がなくなりました;;)

1年後の今

だいたいここ↑までが1年前の話です。

1年経った今は、お陰様で首が張っている実感も減りつつあり、(自分で頬の筋肉のマッサージもこまめにしていますが)笑ったり口を動かす時に右の口角も以前より動きやすくなったような気がしています。
というのもですね、最近ちょっと上手い笑い方をマスターしつつあるような気がしているのです。あくまでも当社比ですが。
直近で撮った自分の写真を見ると、右の口角を上げるために右の口角を意識することは必要なのですが、それでも今までと比べるとずっと左右均等な口の形をしているので、とても嬉しいし、写真に写るのがあまり嫌でなくなってきた自分に気付きました。
笑い方が嫌いだから写真に写りたくないというのはなかなかつらいものです。。。
左と同じように、そんなに意識しなくても自然と口角が上がるようになってくれたらもっと幸せになれるように思います。前と比べれば今でも十分幸せですが。

相変わらずボトックスは3ヶ月おきに打っているのですが、前回は広頚筋ではなく肩甲挙筋と頭板状筋に打ちました。
一定期間経っても広頚筋の張りが戻らなくなってきたのです。実際、筋電図でも広頚筋から異常な波形は見られず、今回は新しく肩甲挙筋と頭板状筋に波形を観測しました。
先生がおっしゃるには、神経の問題だから、張らない状態を筋肉が覚えればそれ以上ボトックスを打つ必要がなくなるケースもあるとのことでした。
広頚筋の代わりに肩甲挙筋と頭板状筋が張り出した、だと結局堂々巡りなので困りますが…何も手立てがないよりはずっと良い状態だと思うので、地道に付き合っていくしかないというのが今の気持ちです。


本当に斜頸で苦しんでいらっしゃる方から比べたらこのぐらいどうということはないのでしょうが、外見に悩みがあればそこから幸福度が下がるというのは誰でも共通でしょうし、もしかしたら、日本のどこかに、わたしと同じように開胸手術を受けた結果、胸から上が左右アンバランスになっちゃった方がいないとも限らないので、こんな感じでわたしはクリアしているよというのを記録しておきたいと思います!
〆!