三十路DINKS妻のQOL向上計画

30代のほうが20代より楽しいってほんと?を検証する

そういえば夢ひとつ叶えたかも

読モとして採用していただいたメディアでお声がけいただき、いくつか記事を書かせていただいています。

やらせていただけることはまずはなんでもやってみよう!の精神でとりあえず「はいよろこんで!」と始めてみたのですが、学生時代の卒論や修論、会社の仕事の資料以外で人様に読んでいただく文章を書くのは初めてで、「書きたいこと≠求められるもの」という当たり前のことを学んだり、オフィシャルな媒体で発信することの責任について考えたり、「筆が止まる」ようなことや「ひり出す」ことにもいっちょまえに直面したり(わたしごときが偉そうにすみません)、とにかく新しいことだらけです。
記事のタイトルのつけかたひとつとっても勉強になることばかり。
赤が入ったりアドバイスをいただく度に、まだまだ知らない世界がたくさんあるんだな、と痛感します。
(そのかわりこっちのブログにはキャンプ表札のような趣味全開のことや、夫との他愛もないことを書いてしまうようになりましたw)

読モというくくりで言えば、わたしより若くて可愛くてスタイル良くておしゃれな子なんて世の中に山ほどいるわけです。
そんな中で記事を書かせていただけるというのはとてもありがたいことです。

思えば、小中学生の頃は作文が得意でした。
客観的にみて上手だったかは分かりませんが、書くことが好きだったのだと思います。読書も大好きでした。
その頃の将来の夢は別にあったから物書きになりたいと思ったことはなかったけれど、子供のころに好きだった・得意だったことで大人になってから表に出る、というのは、なんというか、これも自己実現のひとつと言ってよいのではないかと最近ふと思いました。

思いがけないかたちで子供の頃の夢を叶えたような気持ちになっている今日この頃です。