三十路DINKS妻のQOL向上計画

30代のほうが20代より楽しいってほんと?を検証する

DINKS家庭の家事分担

極力家事はやりたくない

わたしは家事が嫌いです。
やらなくて済むなら一生やりたくないくらい嫌いです。

高校3年生の冬、推薦で大学進学を決めて暇だったわたしはバイトをする代わりに共働きの両親に代わって家事を一気に引き受け、お小遣いを多めにもらっていました。
が、1ヶ月程度で飽きてしまい、「うん、わたし主婦向いてないな!」と悟りました。
この時のお陰で家事はひととおり出来るようになりましたが、やらないようにやらないように過ごしてきたためそんなに上達もしていません。

会社に行きたくなくて仕方ない朝や日曜の夜、「専業主婦になりたい…」という思いが一瞬頭をかすめることはありますが、いつも即座に「毎日きっちり家事をやるほうが無理!」と思い直しています。
専業主婦は立派な職業だと思っています。きちんと家のことをこなしている場合は。
わたしが総合職として働いている理由として、「院まで行かせてもらったんだから」とか「いかなる意見を持つ男性を相手にしても極力対等な立場を主張するため」というほかに単純に「家事をサボる正当な理由になる」と思っているフシがほんの少しでもあることは否定出来ません。

都内30代DINKS夫婦の家事分担 

ブログ名にもしていますが、我が家はDINKS(Double Income No Kid)です。
1985年生まれ31歳、夫とわたしのふたり暮らし。
元々同じ会社の同期同士だったためか、生活していく上での価値観や求める生活レベルにそれほど乖離がなく助かっています。

家事も基本的に「気付いたほうがやる」という性善説に基づいた運用です。
片方の厚意の上にもう片方が胡座をかく、、、ことは現状ないと信じているため(夫はそんなことないけれどわたしがどうだか少し自信がない)、家の中のことは比較的うまく回っていると思います。

我が家の家事分担はだいたいこんな↓感じです。
・掃除…夫
・トイレ掃除…わたし
・風呂掃除…夫
・洗濯…双方
・アイロンがけ…夫
・料理(平日)…わたし
・料理(休日)…夫
・日用品の買い出し…気付くのはだいたいわたし

家の中の掃除は掃除機をかけることもそうですが断捨離や部屋の模様替えも含みます。
わたしは子供の頃からものを捨てることが究極的に下手で、掃除も嫌いなのです。
夫のほうが家の中が汚くなることに対する我慢の閾値が低いので、だいたいいつも夫が掃除機をかけたりものを捨てたりしてくれます(*゚∀゚)タスカルー
トイレについてはどうやら汚れが目に入っても気にならないようなので、わたしが気付いた時に掃除します。
お風呂はふたりとも夜派です。但し夫は朝にもシャワーを浴びるので(わたしよりずっと美意識高い…)、その時ついでに湯船も洗ってくれます。わたしは夜スイッチを押すだけでお風呂に入れるのでとても助かっています。

洗濯は一番分担率が半々かもしれません。強いて言うなら洗濯機を回すのはわたし、干すのは半々、畳むのは夫、という感じかもしれません。
我が家はテレビ番組はほとんど見ませんが、代わりにDVDやYoutubeをテレビに映して観ながら畳んでいます。
アイロンの頻度はあまり多くありません。夫が週の半分くらいTシャツで出勤するからです。半月に一度くらい一気にシャツにアイロンをかけていますが、その時にちゃっかりわたしのシャツにもアイロンをかけてもらっています。
わたし自身は新婚時代、新妻気取りで夫のシャツにアイロンをかけようとして焦がしたことがあるので、夫のシャツに手は出さないと決めました...

休日の料理、というか、お休みの日のブランチにホットケーキかフレンチトーストを夫に作ってもらうことがわたしのささやかな幸せです。この時ばかりはわたしは食べる専門に徹しています。
平日の料理はわたしと書きましたが、平日夜の分のおかずを日曜にまとめて作り置きしており、それについてはわたしがメインで担当しているという感じです。
日曜は1週間分のタオルをまとめて洗濯するというタスクもあるため、わたしの作り置きの裏番組として夫が洗濯をしてくれていることが多いですが、買い出しや下ごしらえ、調理そのものを手伝ってもらうことも多いです。

作り置きをしておくと残業して帰ってもチンするだけで自炊したごはんが食べられるので身体にもお財布にも優しくて助かっています。
例にもれず料理も基本的に嫌いなのですが、さすがに30代になってからは以前より身体に気を使わねばという意識が働き、「出来るだけヘルシーな食生活を送りつつ平日に料理をしなくて済むように」という落とし所として作り置き生活に落ち着きました。
週の後半に作り置きの在庫がなくなってしまった場合はクッ◯ドゥなどで簡単なおかずを作ったり、本当に面倒だったり疲れている場合は奥の手でお惣菜を買います。

夫は比較的激務で日付けが変わってから帰ってくることも多いです。
もともと作り置きのチンも自分でしてもらっていましたが、最近はわたしがチンしたり作り置きの在庫が足りない場合は簡単なおかずをその場でサッと用意することも増えました。
ゆうべ、0時を回ってからおかずを用意していたら「優しいね」と夫に言われたので
「だってこうでもしてあげないとあなたごはん食べないじゃない」
と思わず叱ってしまいました。

 

それでも料理をする理由 

わたし自身、食に対するモチベーションは人並み以下ですが、夫はわたしより酷いです。
友人を見ていると、料理上手な方はご自身が食べることが大好きなので自分で作っちゃう!というパターンが多いように思いますが、我々夫婦はその真逆で「食事を用意するのも食べるという行為も面倒だから何も食べなくていいや」という性質なのです。
出してあげないと食べないのです。食べなくても平気なんです。当然ふたりとも痩せすぎです。

わたしは健康への危機感から、そして筋トレの努力を無駄にしないために頑張って食べるよう心がけていますが、夫はいまだに危機感に欠けています。はらはらします。
若い時はそれでも良かったかもしれないけれど、身体は食べたもので作られるのに、この歳になってそんな粗末な食生活をしていたら中年以降は骨粗鬆症まっしぐらだと思うのです。
そうなったらお互い困るから、夫には少しでも多くまともなものを食べてもらいたいのです。
男の心は胃袋で掴むとか料理は女の嗜みとかはこれっぽっちも思っていませんが、
わたしが料理しなければこの人は病気になるかヘタしたら死ぬ
という焦りから今日も料理をするのでした…


おい夫よ
いい歳だし自分で自分のことが出来るんだから頼むからまともな質とまともな量の食事を自発的に摂ってくださいお願いします


以上。

あぁ、日用品の補充については、だいたい気付いたり覚えていたりするのがわたしです。
以前はよく夫におつかいを頼んでいましたが、最近平日は帰りが遅すぎてあてにならないのでAmazonプライム様のお世話になっております。

【暇潰し】インスタに蔓延るスパムを通報祭りにする

タイトルのまんまです。

モデルさんやタレントさんや女優さんなど、芸能人・有名人の投稿は瞬く間にいいねとコメントがつきますが、そんな中でスパムコメントが多すぎると思う時があります。

純粋なファンの方たちが一生懸命書いたコメントが埋もれるのも不条理だなぁと思うし、投稿したご本人も自分の投稿を見返した時に(見返すかは知らないが)コメント欄にスパムがいっぱい書いてあったら嫌な気分になるのではなかしらと想像することがあります。
(アプリを立ち上げた瞬間、通知欄に何百も何千も通知が来るのだろうから、わざわざ投稿のコメント欄を見に行かない限りスパムコメントがついても気付けないことのほうが多いのかもしれないけども)

・・・とはいえ特に正義感に燃えているわけではなく、誰かにお礼を言われたいわけでもなく、スパムを目にして自分の気分が良くない時がある、のと、単なる暇潰しとして、そんなコメントとそのコメントを投下しているアカウントを片っ端から通報してカタルシスを得る時があるというだけの話ですw

続きを読む

斜頸もどきをボトックスで撃退する(保険適用!)

斜頸”もどき”だけど、つらいものはつらい

こんなタイトルにしておいて何ですが、わたしは厳密に言えば斜頸というわけではありません。

むかし開胸手術をして、それを閉じた時に、どうも左右で閉じ方が若干ずれたようなのですね。
なんだか左右で鎖骨の出方が違うね、と術後に親と話した記憶があります。
そしてそのズレが20年弱の年月を経て首筋の筋肉、ひいてはそこを伝って顎の骨のバランスにまで影響を及ぼしている、ように思えるようになりました。

右だけ首筋が異様に張っていて、それにつられて顎が下に引っ張られるので、口角が下がりがちなのです。顎関節症気味でもある。右だけ。

歳を食っていよいよ性格の悪さが顔に出てきたかと思ったりもしたのですが、色々と考えたり色々な人と話したり色々と試行錯誤していくにつれ、どうもこの鎖骨周りが原因じゃないかという話になりました。
でも開胸手術をしている人がまずレアだし、ずれてくっついちゃった場合の対処法なんてGoogle先生に聞いても書いてありません。
そんな感じで少しずつ悩みが増していく中で、笑っているつもりでも右の口角だけ下がっていて写真で見るとすごく微妙な顔をしていたり、年齢不詳のお姉様から首筋の皺を薄くするトレーニングを教わって実践しても翌日には右の首筋だけ痛めたり、相変わらず右半分だけ残念な状態が続いていました。

ボトックスはしわ取りのためだけのものではない

首筋をマッサージでほぐしたり(でも張っているからマッサージすると痛い)、顎のずれを物理的に戻したり、対症療法で凌ぐしかないのかと絶望しかけていた矢先、通っている小顔矯正の先生が、他のクライアントであるところの女医さんに相談してくださったということで、提案がありました。
「ボトックス打ってみたらどうですか」

 

 

へ、ボトックスってしわ取りのあれ?
プチ整形で使うやつ?

たしかに一度ずれてくっついた鎖骨を元に戻すのは大変です。
一度開胸し直さないといけないし、命に別状もない状態でそんなこと(社会的にも身体的にもオペの予約的にも)許されません。
でもせめて張った首筋さえ弛緩させることができたら…?
少なくとも首筋が痛くなったり、顎が下に引っ張られて口角が下がることを止めることが出来るのではないか。鎖骨の左右差はこの際置いておいて。

とりあえず、ほくろを取る時にもお世話になった第二の親的先生にこれまた相談します。
「打ってみたらいいんじゃない?うちの病院の◯◯先生が名医だから予約しようか」

めっちゃ話が早く片付きました。

後から知ったのですが、ボトックスは美容だけでなく、斜頸の治療にも使われるそうです。
この場合は神経内科の治療なので、保険適用になります。しわ取り等の美容目的だと自由診療となって全額自費ですね。
わたしは厳密には斜頸ではないけれど、症状的には斜頸に近いので、分類的には一応斜頸ということになります(自分で書いていてよく分からなくなってきた)。

早速ボトックスを打ってみた

取っていただいた予約の日、名医という先生に今までの経緯をお話しすると
「えぇ…そんな症例今まで聞いたことないけど」
とすごく疑わしそうに言われましたが、ここで引き下がるとわたしの余生は右だけ口角下がりまくり人相激悪ババアになることが決定してしまうので、色々言って食い下がります。
「いやでも右だけほんと首が張るんです!」とか「頭が右に傾くんです!」とか。嘘ではないので問題ありません。
「とりあえず筋電図取ってみようか」
と先生に言われたので取りましたが、心電図みたいなのを想像していたらえらく違いました
心電図というものは両手首足首を洗濯バサミで挟みつつポチポチを胸に付けて心臓の動きによって生じる微弱な電流を読み取るものだと理解しています。
筋電図も微弱な電流を読み取るというところは心電図と同じですが、読み取り方が、
針を対象の筋肉に刺して直接電流を取ってくる
という超絶アイタタなものでした…

痛い思いをした甲斐あって、普通では有り得ないような波形がめでたく観測されたようでした(このあたり何が正常で何が異常なのか素人目には分からず)
ということで、晴れて斜頸という扱いでボトックスを打っていただけることに!
波形が異常と分かったら、名医先生も疑念から前向きにモードが変わるというものです。

よく分かっていないのですが、ボトックス50単位とやらを生理食塩水に溶解して数カ所に分けて打っていくようでした(1単位=???)
異常な波形が取れた広頚筋は前中後と3つに分かれているそうなので、それぞれに打っていただきました。

 

f:id:maykkzk:20170619145522j:image

うーん、痛そう…
筋電図を取るためにあちこちに針を刺して、更にボトックスを打つために再度針を刺しているので、内出血がえらいことになっています。

保険適用とはいえ、3割負担でお値段は15,000円。
ばかになりません。
全額自費で美容のためにボトックスを打っている人はいったいどれくらいお金を使っているんだろうと気が遠くなりました。

だいたい効果が出るのは1~2週間後から、2~3ヶ月後までのあいだ。
3ヶ月後に再度ボトックスを打っていただくよう予約を取って帰ります。
(本当は1ヶ月経った時点で効果測定の診察があるようですが、わたしは2回目のボトックスから効果測定がなくなりました;;)

1年後の今

だいたいここ↑までが1年前の話です。

1年経った今は、お陰様で首が張っている実感も減りつつあり、(自分で頬の筋肉のマッサージもこまめにしていますが)笑ったり口を動かす時に右の口角も以前より動きやすくなったような気がしています。
というのもですね、最近ちょっと上手い笑い方をマスターしつつあるような気がしているのです。あくまでも当社比ですが。
直近で撮った自分の写真を見ると、右の口角を上げるために右の口角を意識することは必要なのですが、それでも今までと比べるとずっと左右均等な口の形をしているので、とても嬉しいし、写真に写るのがあまり嫌でなくなってきた自分に気付きました。
笑い方が嫌いだから写真に写りたくないというのはなかなかつらいものです。。。
左と同じように、そんなに意識しなくても自然と口角が上がるようになってくれたらもっと幸せになれるように思います。前と比べれば今でも十分幸せですが。

相変わらずボトックスは3ヶ月おきに打っているのですが、前回は広頚筋ではなく肩甲挙筋と頭板状筋に打ちました。
一定期間経っても広頚筋の張りが戻らなくなってきたのです。実際、筋電図でも広頚筋から異常な波形は見られず、今回は新しく肩甲挙筋と頭板状筋に波形を観測しました。
先生がおっしゃるには、神経の問題だから、張らない状態を筋肉が覚えればそれ以上ボトックスを打つ必要がなくなるケースもあるとのことでした。
広頚筋の代わりに肩甲挙筋と頭板状筋が張り出した、だと結局堂々巡りなので困りますが…何も手立てがないよりはずっと良い状態だと思うので、地道に付き合っていくしかないというのが今の気持ちです。


本当に斜頸で苦しんでいらっしゃる方から比べたらこのぐらいどうということはないのでしょうが、外見に悩みがあればそこから幸福度が下がるというのは誰でも共通でしょうし、もしかしたら、日本のどこかに、わたしと同じように開胸手術を受けた結果、胸から上が左右アンバランスになっちゃった方がいないとも限らないので、こんな感じでわたしはクリアしているよというのを記録しておきたいと思います!
〆!

女の夢♡ドレッサーを手に入れる(予定)

今のマンションに住み始めて2年が過ぎた。

婚約期間中に同棲をはじめた賃貸はフローリングやドアの色が明るく、それに合わせて家具も白いものが多かった。
今のマンションは契約した時点で内装の色を選べる期間が既に終わってしまっており、全体的にダークというかシックな内装になっている。これはこれで大人っぽくて気に入っている。

順当に行けばこのマンションにはあと50年くらい住むはずなので、同棲開始時に楽◯などで購入したお手頃価格で色の白い家具から少し値が張っても質の良いシックな色合いの家具に買い換えようという運動が主に夫の中で起きている。
わたしにも家具をビシっと揃えておされライフを満喫したい気持ちはあるが、いかんせん金がない。
…わたしの懐事情の話は別にどうでもいい。

今のマンションに越した時から夫はずっと私にドレッサーを買いたいと言ってくれていた。
わたしが毎朝の化粧と毎晩のスキンケアをダイニングテーブルでしなくて済むようにしてあげたいと思ってくれたそうだが、おそらく食卓に粉が飛ぶのが嫌なのだと思う。
(ちなみに洗面所は三面鏡になるし収納も十分あるけれど、立ったまま化粧やスキンケアをするのは疲れて嫌なので、結局座れるダイニングでやっています…)
可能であれば、夫の作業用デスクとわたしのドレッサーを同じシリーズで揃えることができたら。そしてそのシリーズが我が家のテイストに合えば。

2年ほど漫然とネットを見ていたが思うようなものはなかった。
声高に主張こそしなかったが、
・鏡と台が一体になっているもの
・ライトも一体になっているもの
がわたしのドレッサーに対する要求条件だった。
普通のデスクを2つ並べて、片方に鏡を置いて、めでたしめでたし、とはしたくなかった。
そんなふうにお茶を濁すくらいならドレッサーは要らなかった。
「別に無理にドレッサーを買わなくても、今やっているみたいにダイニングテーブルに鏡を置けば化粧は出来るのだから、そのままでいいや」
「それよりそのお金で温泉行きたい」
などと思い始めていた。

でも、このあいだ。見つけてしまった。

好きなパーツを組み合わせて各々のニーズに合った家具を組み上げる、というコンセプトのものは無印良品などでもよく見かけるが、このシリーズのラインナップには、れっきとしたドレッサーがある。
しかも、ドレッサーの鏡には女優ミラーのようにライトがついている。内蔵されているから女優ミラー以上のスペックだ。最高かよ。

ドレッサー SHIN A 両袖椅子別DB

新宿のショールームには、上記のドレッサーの2面タイプ(ライトの付いている鏡+右脇の鏡、引き出しも右側のみ)もあった。十分だ。
(備忘のために写真を撮ってきたけれど載せて良いのか分からないのでやめておきます)
ライトの付いている真ん中の1面だけでも十分なくらい。
ライトの付いている鏡の裏にはライト本体が格納されているため収納はないが、脇の鏡の裏は収納になっている。
幸い、簡単な作業机程度のラインナップも夫さえ気に入れば同じシリーズで調達出来そうだ。
大塚家具なだけあってお値段もなかなかするけれど…夫の愛妻具合と懐具合に期待したいと思う。

色々と良くない噂もある大塚家具だけれど、わたしは「さすが大塚家具!」と思いました。
おわり。

結婚式の二次会にピカチュウを呼んだ新婦

ずっと紹介したいなと思っていたブログの記事がある。
会社の同期の安井君の記事だ。

 

 

先日僕はある同期の結婚式二次会のお手伝いをしていたが

たった5分でピカチュウになれる簡単な方法 - 新・時の軌跡~yassuiのブログ~

この「ある同期」がまさに夫とわたしなのである。

だから何だと言われると困りますね。。。
安井ピカチュウが色んな意味で期待以上のクオリティだったおかげで当日はとてもいい気分だったのは今でもよく覚えています。○部さんもいたしね(超小声)
もう4年近く前のことなのね…

同期同士の結婚ということで二次会の幹事を仲の良い同期たちにお願いして、安井君をはじめとした同期たちにはピカチュウ以外にも出欠の取りまとめやプロフィールムービーの作成、景品の買い出し、当日の司会進行や肝心のお会計など色々とお世話になりました。
ハワイ挙式から半年近く間が空いてからの二次会だったので、正確には二次会というよりお披露目パーティー?というほうが適切なのかも。
いずれにせよとっても楽しい日でした。
「新郎新婦入場」「ファーストバイト」を断固拒否したため幹事のみんなは進行に苦労したことと思います…てへ。だってお姫様願望とかないんだもん。

その節は本当にお世話になりましたm(_ _)m
今後ともよろしくm(_ _)m

それにしてもカテゴリーが「リビドー」なのはどうなんだ?



追伸:
そういえばわたしが出演した安井の披露宴余興の逆○裁判パロディのムービーまだ見せてもらってないよ!

ほくろ除去⑦:ハイドロキノンクリーム比較編

その⑥はこち

 

その④に書いたのですが、寝る前にハイドロキノン4%配合のクリームをほくろの痕に塗って色味を抑えるようにします。
最初に処方されたのはプラスリストアのナノHQクリームEXだったのですが、途中からセルニューのHQスティッククリアに変わりました。

f:id:maykkzk:20170616124146j:image

簡単に言って、プラスリストアのほうがずっと使い勝手が良いです。
以下理由。

  • セルニューのスティックは固いため塗れたかどうかが使っていてよくわからない
  • プラスリストアは確実に塗れたと分かる
  • セルニューはスティックを直接的肌につけるため必要ない範囲にも塗ってしまう
  • プラスリストアは(わたしは衛生上の観点から一度綿棒に取ってから塗っています)柔らかいクリームなので必要な範囲にだけ塗れる

わざわざ書くようなことでもなかったですね。

でもあまりにもセルニューの使い勝手が気に入らず途中で使わなくなってしまったので、先日再発で病院に行った際にプラスリストアを再度出していただきました。
在庫がなくなり次第完全にセルニューに切り替わるらしいです。困る…
余っているセルニューのスティックは断面のサイズ的にも丁度良いので虫刺されや点滴の痕にでも塗りたいと思います。

一番の問題は、わたし自身がハイドロキノンの効果をあまり感じられずにいることです。
これ本当に効いているのかな?

今のところ20代より30代のほうが楽しい

たぶんこんなところが理由

  • 大学院に行ったから人様より長めなのだけれど、20代のうち4.5割くらいの期間は親の扶養に入っていた
    (大学院に行くことを希望したのは自分だし、全ての過程の結果として今のわたしがいるため、行かせてくれた親には心から感謝しています)
  • 養われている=庇護下に置かれていること、と引き換えに制約が発生する
  • 扶養されているうちは扶養してくれている親にお伺いを立てないといけないことが多い
    (と当時は思ってはいなかったが今になって思い返せばそうだった)
  • 扶養とは別の観点から、親が厳しめだったことと幼少期からわたしに対する期待が高かったこともあってか「いい子であらねば」という呪いにずっとかかっていた
  • 夫は基本的にわたしの考えや決断を否定せず程よい距離感から応援してくれるので、わたしには応援してくれる人がいる!という心強さが半端ない
  • 自分で自分の食い扶持を稼いでいるので、社会に迷惑をかけない限りわたしが何をしようと誰にも文句を言われる筋合いはないと今更気付いた
  • 自分で責任を負う代わりに自分で決めて良いことが増えたことをようやく自覚した
  • わたしは誰の顔色も伺わないし誰の指図も受けない!と30歳くらいでやっと開眼した
  • 「いい子であらねば」の呪いが20代の終盤で遂に解けてきた
  • 金で解決できること(ほくろとか筋トレとか小顔矯正とか骨盤矯正とか斜頸もどきのボトックス治療(そのうち書きます)とか)が増えた
  • 気分次第で吉牛やマックにも行けるしお洒落でお高いバーにも行ける、という選択肢の広さを手に入れた
  • 精神的経済的自由を手にしたうえで色んな可能性を探っていけるって最高じゃない!?

自分の人生の主役は他の誰でもない自分自身であるということに30歳前後でようやく気付いた気がします。
アタマではわかっていたけど、というものではなく、心の底から、という意味で。
だから今は人生が本当に楽しい。

20代の時には考えもしなかったような選択をこの歳になってから取っているので、そしてそのまま流れが動き出しているので、自分でもびっくりすることがいまだにあるけれど、自分で自分に勝手に課していた殻を壊していることはとても良いこと。
何であんなに頑なに身構えていたんだろうとすら思います。
青かったのかな。今も青いけど。